遺品整理、特殊清掃後の相続放棄 静岡市

10月末、インターネットを見たお客様から遺品整理と特殊清掃のご相談の電話がありました。
お話の内容は、お兄さんのアパートの遺品整理と特殊清掃の依頼でした。

11月2日に現場にお伺いして現状の確認とお見積りを提出しました。

作業は、11月6日に行い、遺品整理の価格は、2DKの目安では¥120,000円ですが、今回は入居5年で男性の一人暮らしで処分品も少ないため、遺品整理だけで税込9万円弱でした。
特殊清掃は、故人の亡くなった場所がキッチンから和室にかけてで、ご姉妹で清掃されていたのでですが、アパートの築年数が古く、キッチンのクッションマットが3mmほど捲れていてそこに体液が流入したため、床板(合板)に体液がしみた状態で清掃をしても完璧に臭いを取り除くことができないので、敷居や襖、クッションマットの表面を清掃して、床部分はリフォームをお願いしました。

後日、ご依頼者からご相談がありました。アパートの管理会社から部屋全体のリフォーム代約70万円見積り書が届いたとの事でした。
年金生活者には、払えないとの事で裁判所に相続放棄を申請したと連絡がありました。

知っておきたいポイント
遺品整理をした後でも、相続放棄ができました。遺品整理が、金銭的負担になる方は事前に司法書士や無料弁護士相談などで調べてみるのが良いと思います。

参考までに

公益財団法人 不動産流通推進センター

after

after