不動産会社様から、生前整理の依頼

2016年10月末、不動産会社様から汚部屋の見積り依頼がありました。

現場は、生活保護を受ける単身高齢者で体が不自由なため、トイレ移動にも支障をきたす状態で、寝室には瓶やペットボトルにおしっこをしてあったり、食品の容器が部屋中に散乱して、おしっこや食品や飲料水の汁で畳が扶翼している状態でした。

また、リビングや廊下、玄関土間には、吐血の跡がありました。

不動産会社様から、原状復帰と消毒ならびに畳の処分の見積依頼を受けました。

11月28日、29日で不用品の処分を行いました。また、12月1日に産業廃棄物業者が畳の回収を行い、不動産業者様に最終確認をしていただきました。